Home » 製品情報 , 粒子径 , 分子量 , ゼータ電位 , 粒子径・ゼータ電位・分子量測定装置 , 動的光散乱法

粒子径・ゼータ電位測定装置 ゼータサイザー Pro・Ultraの最新リーフレット

2018/05/23 Posted by

2012年の発売以来、様々な業界で多くのお客様にご利用いただいてきた「粒子径・ゼータ電位・分子量測定装置ゼータサイザーシリーズZSP」が進化し、「粒子径・ゼータ電位測定装置ゼータサイザー Pro・Ultra」として生まれ変わりました。

新たに搭載したテクノロジーで、お客様の研究開発・業務フロー改善・製品品質向上をこれまで以上にお手伝いします。

仕様など詳細は、最新リーフレットをページ下部の「ダウンロード」をクリックしてご覧ください。

ゼータサイザーPro・Ultraの新機能

ゼータサイザーシリーズは、圧倒的な論文数を誇る世界標準レベルのDLSです。新機種に搭載された新機能をご紹介します。

ソフトウエアを一新 ー より安定、より迅速、よりわかりやすい結果へ

ゼータサイザーPro・Ultraでは、新ソフトウエアZS Xploerを搭載しています。ZS Xploerでは、粒子径測定時のアルゴリズムを見直し、従来より粗大粒子の影響を受けにくい、安定したデータを、より早く算出します。

また、測定結果の品質表示機能も進化しました。蓄積された経験と知識から、より具体的なアドバイスが示されます。この結果品質アドバイス機能と直感的なユーザインターフェイスで、測定初心者の方でも測定結果の判断が可能です。


図 新型ソフトウエアの画面

MADLS(マルチアングルDLS)* ー 濃度算出機能、高分解能へ

前方・側方・後方の3角度に設置した光検出器と解析アルゴリズムにより、サンプルの濃度を算出するMADLS(Multi angle DLS)を新たに搭載しています。MADLSでは従来のDLSと比較して、粒子径比で最大2:1の高分解能な粒子径分布を表示することが出来ます。

*MADLSはゼータサイザーUltraの機能です。


図 後方散乱とマルチアングルDLSの比較

主な仕様

  • 測定項目:粒子径・ゼータ電位・粒子濃度
  • 測定原理:動的光散乱法(粒子径)、電気泳動光散乱法(ゼータ電位)
  • 測定範囲:0.3 nm – 10 µm(粒子径の場合)
  • 測定可能濃度範囲:0.1 ppm ― 40 wt%(粒子径の場合)

見積もり依頼 / デモ依頼 / お問い合わせ

さらに詳しくは、リーフレットをダウンロードしてご覧ください。

リーフレット ダウンロード

おすすめの記事

ご質問、お問い合わせはこちら≫