Home » イベント情報 , サポート・よくあるご質問 , マイクロカロリメトリー , MicroCal製品 , 等温滴定型カロリメトリー

バイオインタラクション研究会 第11回ワークショップ

2020/09/23 Posted by

マルバーン・パナリティカルが会員として所属し、生体分子間相互作用研究の進展状況を把握するとともに、この分野の発展を目指す「バイオインタラクション研究会(BIRA)」で、第11回ワークショップが行われます。

第11回ワークショップ概要

日時:2020 年11 月 24 日(火)12 時 30 分~16 時 20 分
場所:京都府立京都学歴彩館 大ホール地図

プログラム

座長: 京都府立大学・田中 俊一

・12 時 30 分~13 時 10 分:人工タンパク質の設計・作製とその利用によるタンパク質間 相互作用ネットワークにおける特定相互作用の機能解析 岡山大学・安井 典久 

・13 時 10 分~13 時 50 分:トリ B 細胞を用いた抗体遺伝子の自律的多様化と進化 ~ヒ ト ADLib®によるワンストップオーダー抗体薬開発~ カイオム・バイオサイエンス・黒澤 恒平 

・13 時 50 分~14 時 5 分: 質量分析による IgG1 と Fc 受容体の相互作用解析 大阪大学・山口 祐希、鳥巣 哲生、内山 進 

・14 時 5 分~14 時 20 分:人工設計ペプチドナノファイバーの構造・熱力学的解析 神戸大学・黒川 南、田村 厚夫 

・14 時 20 分~14 時 35 分:熱測定による DNA 結合タンパク質の動的構造と機能 京都府立大学・川崎 茉希、織田 昌幸

休憩

・14 時 50 分~15 時:BIRA 総会  座長: 大阪府立大学・円谷 健

・15 時~15 時 40 分: 抗体エピトープの特徴付けとバイパラトピック抗体への展開 医薬基盤・健康・栄養研究所/京都大学・秋葉 宏樹

・15 時 40 分~16 時 20 分: スパコン富岳を用いた分子動力学(MD)ベースの新型コロ ナウイルス治療薬候補同定 神戸医療産業都市推進機構・井阪 悠太 

参加お申込み

ご参加にはお申し込みが必要です。

参加ご希望の方は、10 月 30 日(金)までに、oda@kpu.ac.jp 宛にメールでご連絡ください。

ワークショップ参加費は、年会費をお支払いいただく個人または機関ご所属の方は無料、その他は 2,000円(学生は無料)となります。 

その他、詳細は oda@kpu.ac.jp 宛にメールでお尋ねください。

MicroCal ITCシリーズについてのお問合わせ・サンプル測定希望はこちら
MicroCal ITCシリーズついて、さらに知りたい方はこちら
カロリメーターの原理、使い方、測定のコツなど、さらに学習したい方はこちら

おすすめの記事

ご質問、お問い合わせはこちら≫