Home » イベント情報 , 技術情報・物性分析の基礎 , 粒子形状 , 粒子画像分析装置・粒子画像・ラマン分光分析測定装置 , ナノトラッキング粒子径測定装置 , 画像分析 , ナノトラッキング法 , セミナー・学会・展示会

粒子画像分析/ナノトラッキング法
基礎を学べる30分ウェブセミナー【2018年開催一覧】

2018/09/19 Posted by

2018年に開催する、粒子画像分析30分ウェブセミナーをご紹介します。①最新の粒子画像分析システム、②ナノトラッキング法の2つのテーマで、9月、10月、11月、12月にそれぞれ行ないます。基礎を学べ、少人数制で質問もしやすいと毎回ご好評頂いております。

PCがあればどこからでもご参加頂けますので、ご都合のつく日程をお選び頂き、お気軽にお申し込みください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

今、ベールを脱ぐ!進化した次世代型 粒子画像分析装置・モフォロギ4のご紹介


実績と定評のあるマルバーンパナリティカルの粒子画像分析装置モフォロギG3。そのモフォロギがこのたび、さらに”次世代”を見据えた高性能、高機能な粒子画像分析装置”モフォロギ4(M4)”として、新しく進化しました。何が進化したのか?本ウェブセミナーでは一挙にご紹介します。

日程とお申し込みリンク

2018/9/26(金)15:00~15:45お申込みはこちら
2018/10/19(金)15:00~15:45お申込みはこちら
2018/11/16(金)15:00~15:45お申込みはこちら
2018/12/14(金)15:00~15:45お申込みはこちら

※ウェブセミナーの参加方法は、受付後、お申し込みいただいたメールアドレスへお知らせします。
※ウェブセミナーは30分ですが、その後15分間質疑応答の時間を設けます。質疑応答のみのご参加も可能です。
※すべて同じ内容です。

はじめてシリーズ ウェブセミナー:
ナノ トラッキング法の基礎と応用 【サブミクロン、ナノ粒子を1粒子ずつ「目で見て」「追いかけて」解析するユニークな画像分析法】


通常、ナノ・サブミクロン粒子の粒子径は手間のかかる電子顕微鏡か、数値解析を伴うフィッティングを必要とする光散乱的な手法で測定されます。両者ともに、よく知られ、利点のある手法ではありますが、測定粒子数の問題や確からしさへの課題がありました。これを補完する手法としていま注目を集めつつあるのが動画を利用したナノトラッキング法です。本ウェブセミナーでは、その基礎から応用までを、事例をもとに、基本から丁寧にご紹介します。

日程とお申し込みリンク

2018/9/21(金)15:00~15:45お申込みはこちら
2018/10/5(金)15:00~15:45お申込みはこちら
2018/11/2(金)15:00~15:45お申込みはこちら
2018/12/7(金)15:00~15:45お申込みはこちら

※ウェブセミナーの参加方法は、受付後、お申し込みいただいたメールアドレスへお知らせします。
※ウェブセミナーは30分ですが、その後15分間質疑応答の時間を設けます。質疑応答のみのご参加も可能です。
※すべて同じ内容です。

見積もり依頼 / デモ依頼 / 営業お問い合わせ

おすすめの記事

ご質問、お問い合わせはこちら≫