Home » イベント情報 , 技術情報・物性分析の基礎 , 粒子径 , 粒子形状 , ゼータ電位 , 結晶構造 , 定量分析(蛍光X線) , レーザ回折式粒度分布測定装置 , 粒子径・ゼータ電位・分子量測定装置 , 製造プロセス用リアルタイム粒度分布測定機 , 製造プロセス用インライン粒子測定プローブ , X線回折装置 , 蛍光X線分析装置 , レーザ回折法 , 画像分析 , 動的光散乱法 , X線回折 , 蛍光X線分析 , セミナー・学会・展示会

- 分析業務を効果的に行うために -
電池・電池材料分析のまとめページ

2020/06/19 Posted by

電池・バッテリーには長寿命・高充放電回数、高出力、低発熱、低温動作など、多くの要望がありますが、極材料、バインダー、など各部材の極材料粉体の物性を評価しコントロールしていくことが重要です。

◆公式ウェブサイトを見てみる
どの情報を得るにはどの分析方法が最適か、電池の部材の分析方法についてご紹介しています。また、実際の企業様の分析事例インタビューなども紹介しています。

電池・スーパーコンデンサのページへ
燃料電池のページへ

電池の充放電試験での材料品質の評価について、ご紹介しているページもございます。
コイン電池、電気化学電池、パウチ電池、角型電池に対応する、当社のEmpyrean(エンピリアン)を用いた試験の事例をご紹介しています。
インオペランドXRDのページへ

カタログで分析方法と機器の一覧を見てみる

電池・バッテリー用カタログをダウンロードする

セミナーでは材料粒子に着目して、大きさや形状が及ぼす影響、結晶層状態の評価、充放電試験の詳細な理解のためのX線分析などを取り扱います。評価事例を知りたい方、分析方法によるデータの違いについて知りたい方にお勧めのダイジェスト版セミナーです!

※ ウェブセミナーは7月29日に終了しました。
詳細情報をご希望の方はMarketing.Japan@malvernpanalytical.comまでご相談ください。

さまざまなパラメータの測定により、リチウムイオン電池の電極材料の特性がどのように最適化されるかについて説明します。 電極材料が最も重要な要素です。電極材料は、製造した電池の性能に影響するためです。 研究段階と生産プロセス中の品質管理段階で、各材料の最適化をサポートする分析技術を説明してます。

セミナーまで待てない!今すぐ情報が欲しい!そんな方に向けて、英語版でのウェブセミナーをオンデマンド配信中です。
全4回のセミナーとなっていますので、ダイジェスト版より詳細に学んでいただけます。
ご興味のあるところ・必要なところだけの受講も勿論可能です。グローバルのトレンドを学びたい方にもお勧めのセミナーです!

どんな内容か知りたい方はこちらから

おすすめの記事

ご質問、お問い合わせはこちら≫