Home »アーカイブ

粒子径

製品情報 , 技術情報・物性分析の基礎 , 粒子径 , 粒子形状 , 分子サイズ , 分子量 , ゼータ電位 , マイクロカロリメトリー , レーザ回折式粒度分布測定装置 , 粒子径・ゼータ電位・分子量測定装置 , マルチ検出器GPC/SECシステム , 製造プロセス用リアルタイム粒度分布測定機 , MicroCal製品 , レーザ回折法 , 動的光散乱法 , 静的光散乱法 , サイズ排除クロマトグラフィー(SEC) , ゲル浸透クロマトグラフィー(GPC) , 示差走査型カロリメトリー , 等温滴定型カロリメトリー »

[ 2020/05/13 | Posted by ]

このページでは、日本語の翻訳を付けた動画をご紹介しています。 興味のある動画がありましたら是非ご覧くださいね。・マスターサイザーシリーズ・ゼータサイザーシリーズ・OMNISEC・MicroCalシリーズ・エンピリアン・インシテック マスターサイザーシリーズマスターサイザーシリーズマスターサイザー3000微量測定ユニットHydroSVのご紹介詳細はこちらマスターサイザ [...]

続きを読む »

製品情報 , 粒子径 , 粒子形状 , 分子サイズ , レーザ回折式粒度分布測定装置 , レーザ回折法 »

[ 2020/05/07 | Posted by ]
マスターサイザー ソフトウェアの使い方やコツを動画で伝授!

マスターサイザー3000で使用しているソフトウェアの使い方動画をご紹介します。すでにマスターサイザー3000をお持ちのユーザー様も、購入検討している方も、是非参考にしてみてください!※動画が見れない場合、 ボタンをクリックするとご覧になることが出来ます。 マスターサイザー3000シリーズについて詳細を知りたい方はこちら。

続きを読む »

製品情報 , 粒子径 , 粒子形状 , 分子サイズ , 分子量 , ゼータ電位 , レーザ回折式粒度分布測定装置 , 粒子径・ゼータ電位・分子量測定装置 , レーザ回折法 , 動的光散乱法 »

[ 2020/04/28 | Posted by ]
3分で学ぶ多角度動的光散乱

このビデオでは、MADLSのテクニック(マルチアングル動的光散乱)の簡単な紹介を提供し、マルバーン・パナリティカルの新しいゼータサイザー ウルトラでのみ利用できます。MADLSは、複数の角度から粒子サイズを測定するプロセスを自動化し、サンプルの完全なビューを提供し、信頼できる結果を提供します。※動画が見れない場合、 ボタンをクリックするとご覧になるこ [...]

続きを読む »

製品情報 , 粒子径 , 粒子形状 , 分子サイズ , 分子量 , ゼータ電位 , レーザ回折式粒度分布測定装置 , 粒子径・ゼータ電位・分子量測定装置 , レーザ回折法 , 動的光散乱法 »

[ 2020/04/28 | Posted by ]
アニメで学ぶ動的光散乱分析

動的光散乱(DLS)は、液体に分散した、通常サブミクロン領域の粒子のサイズを測定するために古典的に使用される手法です。いくつかの最新のシステムの感度は、溶液中の高分子のサイズを測定するためにも使用できるようになっています。※動画が見れない場合、 ボタンをクリックするとご覧になることが出来ます。 ゼータサイザーシリーズの詳細を知りたい方はこちら。

続きを読む »

製品情報 , 粒子径 , 粒子形状 , 分子サイズ , 分子量 , レーザ回折式粒度分布測定装置 , レーザ回折法 »

[ 2020/04/27 | Posted by ]
マスターサイザー3000Aero用ファネルサンプルフィーダーを3分で学ぼう

Aeroファネルサンプルフィーダーは、Aero SおよびAero M乾式分散ユニットに、蓋を開けることなく試料を直接投入することによって、高速かつ再現性のある乾燥粉体の粒度分布測定が行えるよう設計されています。 これにより、試料分析のために試料を導入する工程を迅速化・簡素化できるため、測定結果を得るまでの時間を短縮できます。※動画が見れない場合、 ボ [...]

続きを読む »

製品情報 , 粒子径 , 粒子形状 , 分子サイズ , 分子量 , レーザ回折式粒度分布測定装置 , レーザ回折法 »

[ 2020/04/27 | Posted by ]
マスターサイザー3000微量測定ユニットHydroSVのご紹介

マルバーン・パナリティカルのマスターサイザー3000の微量測定ユニット HydroSVは、レーザ回折式粒度径分布測定装置マスターサイザー3000とともに使用することを目的とした小容量湿式分散ユニットです。 分析に利用できる試料の量がきわめて限られている場合、または試料測定に必要な分散媒が環境、健康および安全性に問題があり、使用量を極力抑えたい場合に特に有 [...]

続きを読む »