技術情報 – Tech Talk


Published 4 Jun 2021

パンデミック下での生物物理学的特性評価の最前線!

COVID-19に対するマルバーン・パナリティカルの取り組み 新型コロナウィルス感染終息のために、ワクチンや治療薬の開発が驚くべき速さで進められています。今回ご紹介する記事は、欧米におけるCOVID-19のワクチン開発に、マルバーン・パナリティカルの技術がどのように支援したか、について、バイオサイエンス サイエンティフィック マーケティングマネージャーであるナタリアが、グローバルのブログで紹介したものになります。また、それらに関わる技術とアプリケーションについても紹介しております。 ワクチン開発の最前線では、いったいどのような生物物理学的特性評価が行われているのでしょうか?是非ご一読ください! COVID-19ワクチンの安定化と製剤開発に関するコラボレーション…READ MORE >

Tags: ,

Published 15 Apr 2021

3Dプリンタ(積層造形)粉末材料のソリューション

積層造形による3Dプリンティングでは、一層ずつ3次元構造や部品を土台から構築してきます。この時の材料となる金属粉やポリマー粉末などの原材料は慎重に特性評価する必要があります。 次世代式・画像分析式粒度分布測定装置​ モフォロギ 4 多角的・高感度な粉体流動性試験機​ パウダーレオメーターFT4…READ MORE >

Tags: , ,

Published 1 Apr 2021

3Dプリンタ(積層造形)粉末材料のソリューション

積層造形による3Dプリンティングでは、一層ずつ3次元構造や部品を土台から構築してきます。この時の材料となる金属粉やポリマー粉末などの原材料は慎重に特性評価する必要があります。 評価事例をみる 関係装置での実際の測定データを掲載しています チラシをダウンロードする…READ MORE >

Tags: ,

Published 1 Apr 2021

Protected: エネルギー分散型蛍光X線分析装置を使った成分分析事例

There is no excerpt because this is a protected post.

Tags: ,

Published 5 Jul 2020

ウイルス・ワクチンの分析情報まとめ

ウイルス・ワクチン関係の分析情報のまとめサイトです。 ご興味ある情報をご覧ください。 ◆ DLSで濃度がわかる!? DLS(動的光散乱法)は、ナノオーダーのサイズの粒子を液中で簡便に測定できる手法として広く使われており、これまでもウイルス粒子の粒子径そのものの把握や凝集体の有無、精製度合いの確認などにも使われてきました。しかし、粒子がどれだけ入っているかという濃度情報は出すことが出来ず、そのほかの手法で算出する必要がありました。…READ MORE >

Tags:

Published 19 Jun 2015

DSCを用いた髄膜炎ワクチンの構造研究

DSCを用いた髄膜炎ワクチンの構造研究 髄膜炎菌は特に子供や若年層に感染しやすく、菌血症や敗血症を起こします。 その対策として、ワクチンが用いられていますが、ヨーロッパや北アメリカでもっとも一般的な原因菌Bに対するワクチンが既存のストラテジーではうまく調製できませんでした。 その原因は、開発したワクチンの構造の違いでした。…READ MORE >

Tags:

Published 6 May 2014

造粒特性の理解に基づく連続造粒の最適化

マルバーンでは、freeman technology社の粉体流動性分析装置 パウダーレオメーター FT4を取り扱っています。 そのfreeman…READ MORE >

メールニュースに登録する