マルバーンでは、freeman technology社の粉体流動性分析装置 パウダーレオメーター FT4を取り扱っています。

そのfreeman technology社と化学や医薬業界などに製造プラントやエンジニアリングを提供しているGEA社は、製剤と製造プロセスパラメータの変更が造粒特性にどのような影響を与えるのかについてパウダーレオメーター FT4を利用して共同研究を行っています。

2種類の粉末を使用し、水の添加量、粉体供給速度、造粒機スクリュー速度を変えて混合粒体を生産し、その品質を評価する一連の実験を行いました。

以下のフォームに必要事項をご入力いただきますと、実験についての資料をダウンロードいただけます。

また、パウダーレオメーター FT4は国際粉体工業展 東京2014にも展示します。ぜひ、マルバーンブースまでご来場ください。

国際粉体工業展 東京 2014