Home » 製品情報 , 技術情報・物性分析の基礎 , 分子サイズ , 分子量 , マルチ検出器GPC/SECシステム , サイズ排除クロマトグラフィー(SEC) , ゲル浸透クロマトグラフィー(GPC)

【光散乱・絶対分子量】マルチ検出器アドバンスドGPC/SECシステム OMNISEC・Viscotek TDA
GPC/SEC用多角度光散乱検出器 SEC-MALS

2019/02/21 Posted by

nanotech 2019のパネルデータをご紹介します。マルバーン・パナリティカルでは、最大限に感度を高めたマルチ検出器GPC/SECシステム、OMNISECやリーズナブルな価格のViscotek TDAmaxそして20角度で散乱光を測定するGPC/SEC用光散乱検出器 Viscotek SEC-MALS20を取り扱っています。

高感度・高精度・高性能マルチ検出器アドバンスドGPC/SECシステム OMNISEC 

絶対分子量測定マルチ検出器 GPC/SECシステム Viscotek TDA max

GPC/SEC用多角度光散乱検出器 SEC-MALS20


光散乱検出器による、絶対分子量が測定可能 

粘度検出器による固有粘度も測定可能

対応アプリケーション

合成高分子、合成ゴム、タンパク質、絶対分子量、固有粘度、慣性半径Rg、コンフォメーションプロット、コポリマー解析

特長

  • 光散乱検出器による、絶対分子量が算出可能
  • 粘度検出器による、固有粘度(ポリマーの構造に関連した値)が算出可能
  • 一体型システムなので、操作も簡単

検出器:RI、UV/PDA、粘度、光散乱
測定範囲:数 100 Da-1000 KDa (カラムに依存)

PSとPMMAのMark Houwink plot
PSとPMMAを比較すると同じような分子量範囲を有するが、構造(=密度)が異なるので、固有粘度値には明確な差が生じている事が確認できる

低分子サンプル(196 Da PEO)の測定例
感度を上げたことで、低分子の絶対分子量も測定可能(PEO、100 μL、3.9 mg/mlをインジェクションした結果)

GPC/SECシステムについてのお問い合わせ・サンプル測定希望はこちら
高感度・高精度・高性能マルチ検出器GPC SECシステム OMNISECについて、さらに知りたい方はこちら

おすすめの記事

ご質問、お問い合わせはこちら≫