Home » 製品情報 , 技術情報・物性分析の基礎 , 粒子径 , 製造プロセス用インライン粒子測定プローブ , 空間フィルタ速度計測法

製造現場に求められている粒子径分布測定機とは?インライン粒子測定プローブ Parsum測定事例-流動層造粒アプリケーション事例

2019/03/18 Posted by

インライン粒子測定プローブ Parsum(パーサム)は、空間速度計測法を採用した堅牢で使いやすいインラインのプローブ型粒子径測定機です。この記事では、インライン粒子測定プローブ Parsum(パーサム)の測定事例をご紹介します。

関連セミナー、粉体・粒子を管理するための分析技術を学んでいただけるイベント、P-TEXワークショップ 2019年4月26日開催! 詳細ページはこちら!

製薬アプリーケーション事例 流動層造粒1

NIRのサンプリングポートを同じ箇所にParsumプローブを設置。

リアルタイムに吸光度と粒子径分布をモニタリングし、同期データを取得

製薬仕様-IPP80

Parsum IPP80

医薬や食品分野での製造用途に最適なタイプのParsum プローブです。製薬では品質保証・工程管理技術でProcess Analytical Technology (PAT)のツールとして生産工程に組み込むことが可能です。IPP80は、ATEX指令の認証を取得したEXの測定器です。

造粒工程の粒子径分布をリアルタイムに遠隔監視


造粒アプリケーション事例2-流動層造粒2

造粒工程で「粒子径分布」、「水分量」、「成分含量」などの物性値をリアルタイムで測定します。容器内の「温度、噴霧速度、風量など」を制御し、各測定値を制御盤にフィードバックします。

インライン粒子測定プローブ Parsum (パーサム)についてのお問い合わせ・サンプル測定希望はこちら
インライン粒子測定プローブ Parsum(パーサム)について、さらに知りたい方はこちら

おすすめの記事

ご質問、お問い合わせはこちら≫