Home » イベント情報 , 蛍光X線分析装置 , 蛍光X線分析 , セミナー・学会・展示会

【延期決定】2020年 X線分析講習会「蛍光X線分析の実際」のご案内

2020/04/03 Posted by
このイベントは1年後(2021年)に延期となりました。

詳細がわかり次第、ブログにてご報告いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

マルバーン・パナリティカルは、X線分析講習会「蛍光X線分析の実際(第11回)」に参加します。

この講習会では、蛍光X 線分析について、基礎から実際の装置の使い方まで、講義やデモ見学・実習を通じて系統的に学べるプログラムが用意されています。以下の詳細をご覧いただき、是非お申し込みください。

お申込みは5月下旬からWEB申し込みを開始し、8月中旬に申し込みを締め切ります。
定員は講義100名、実習80名で先着順の受付となりますので、お早目にお申込みください!

WEB申し込みの詳細は、随時以下のページにて掲載する予定となっています。 https://xbun.jsac.jp/

詳細

日時
2020年9月1日 (火) ~9月3日 (木)9時-17時
(9/1, 9/2: 講習、9/3: 実習・デモ)

・会場
麻布大学 生命・環境科学部棟 L201 教室
(神奈川県相模原市中央区淵野辺1‐17‐71)
JR矢部駅 北口より徒歩4分もしくはJR 淵野辺駅より徒歩6 分



・参加費
講義+ 実習(3日間)
主催・共催学会会員25,000円(学生15,000円)
協賛学会会員30,000円(学生20,000円)
一般40,000円(学生25,000円)

講義のみ(2日間)
主催・共催学会会員15,000円(学生7,000円)
協賛学会会員20,000円(学生10,000円)
一般27,000円(学生13,000円)

テキストは 「蛍光X線分析の実際」第二版 朝倉書店 を使用します (別売)。
また、副テキストとして 「X線分光法 (分光法シリーズ5)」 講談社 も別売りします。
希望者には、主テキスト, 副テキスト共に、1人1冊に限り特別割引価格の4,000円で頒布します。

対象者

  • 蛍光X 線分析の全くの初心者の方
  • すでに蛍光X 線分析装置をご使用でワンランクアップをめざしたい方
  • これから蛍光X線分析装置の購入を考えている方
  • 蛍光X 線分析の装置、試料、アプリケーションなどに関して、日頃の疑問を解決したい方

スケジュール

2020年9月1日 9:30 –16:00 講義1 日目 蛍光X線分析の基礎
1. 蛍光X線分析入門
2. 蛍光X線スペクトル
3. 蛍光X線分析装置
4. よりよいスペクトルの測り方、読み方(定性分析) ←マルバーン・パナリティカル
5. 定量分析
6. 蛍光X線分析用標準物質

2020年9月2日 9:30 –17:20 蛍光X線分析の応用
1. 試料調製法
2. 検量線法による定量の応用事例
3. X線顕微鏡 4. SEM‐EDX 分析
5. 全反射蛍光X線分析(TXRF)
6. 膜厚の測定
7. ハンドヘルド蛍光X線分析計
8. 軽元素マトリックス試料中の軽元素の高精度分析
9. 実際の装置を使った蛍光X線分析のデモ2コースの見学

2020年9月3日 9:00 –17:00 卓上型EDX、WDX装置による実習
●実習1 ファンダメンタルパラメーター(FP)法を理解する
(1) 講義
(2) 8 グループ程度に分かれて各メーカーの装置で実習を行う

●実習2 応用実習
以下のi) ~vi) のコースから1 つを選択。
各コースの最大定員は8名程度
i) EDX分析
ii) WDX分析
iii) X線分析顕微鏡
iv) 薄膜分析
v) ハンドヘルド蛍光X線分析
vi) 全反射蛍光X線分析

おすすめの記事

ご質問、お問い合わせはこちら≫