マスターサイザー3000で測定されている方に湿式微量測定と高濃度ペーストセルオプションユニットのご案内します。

微量測定・高濃度測定のメリットは?


1.湿式微量測定と高濃度測定のセットアップオプションです
2.分散媒必要量7mLの撹拌機構付きバッチセルで湿式微量測定が可能です。
3.高濃度スラリー・ペースト専用のセルキットが付属しています
4.有機溶剤耐性もあります
5.洗浄も簡単です

マスターサイザー3000の湿式微量ユニット HydroSVでは、測定に必要となる分散媒の量が7mLと非常に少量です。これは測定時のみならず洗浄・溶媒置換時でも同様ですので、測定全体での分散媒必要量が大幅に削減できます。
併せて必要となる試料も微量で済みますので、無駄にできない貴重で高価な試料の微量分析が必要な方は、是非ご検討ください。
ペーストセルは微量ユニット HydroSVと組み合わせて使用するオプションセルです。ペーストセルでの測定では、ガラスに試料を挟み込み、薄く引き伸ばすことで、多重散乱の影響を最小にした高濃度測定を可能にしています。
微量測定・高濃度測定での測定条件最適化についてはご導入後もご相談を承っております。
測定相談会の情報はこちら


微量測定の流れ


微量測定ユニットHydro SVはセルカセット一体型のバッチセル式分散ユニットです。

ペーストセルのでの試料セット方法


微量測定ユニットHydro SVの仕様


必要分散媒量: 5.6mL~7.0mL
有機溶剤耐性: 一部を除き使用可能 †
測定粒子径範囲: 0.01μm~200μm ††
寸法: 110mm x 280mm x 210mm (LxWxH)
重量: 3.05kg
✟エポキシ樹脂使用
✟✟試料に依存します
微量測定ユニットHydro SVの仕様詳細はこちら
ペーストセルの仕様についてはお問い合わせください。



オンラインデモのご案内


マルバーン・パナリティカルは、ラボでの立ち合い測定だけでなく、オンラインでの装置デモも承っております。
ご出張が難しい方も、是非お気軽にお問い合わせください。


おすすめの記事

ご質問、お問い合わせはこちら≫